寄付の相談 調査室 〜 参考資料


十大死因


令和元年の十大死因

厚生労働省:令和元年人口動態統計月報年計(概数)

平成29年より死因統計に使用する分類を変更した。死因別死亡数の変化にはこの影響による変動が含まれている。
死因1位は悪性新生物 死因順位別の第1位は悪性新生物〈腫瘍〉で、37万6392人(死亡率(人口10万対)は304.2)。昭和56年以降、脳血管疾患を抜いて死因順位の第1位となり、全死亡者数に占める割合は27.3パーセントであり、全死亡者のおよそ3.7人に1人が悪性新生物〈腫瘍〉で死亡している。
部位別に死亡率をみると、男は肺がもっとも高く、平成5年に胃を上回って第1位となった。女は大腸と肺が高く、大腸は平成15年に胃を上回って第1位となった。
心疾患 心疾患(高血圧性を除く)は昭和60年に脳血管疾患にかわり第2位となり、その後も死亡率は上昇傾向が続き、令和元年は20万7628人(死亡率167.8)で、全死亡者に占める割合は15.0パーセントとなっている。
老衰 老衰は、昭和22年をピークに減少傾向が続いたが平成13年以降死亡率が上昇しており、平成30年に脳血管疾患にかわり第3位となり、令和元年は12万1868人(死亡率98.5)、全死亡者に占める割合は8.8パーセントとなった。  
脳血管疾患  脳血管疾患は昭和45年をピークに低下しはじめ、昭和60年に心疾患(高血圧性を除く)にかわって第3位となり、その後は低下と上昇を繰り返しながら低下傾向が続き、令和元年は全死亡者に占める割合は7.7パーセントとなっている。  
死因の男女差 上記のほか、男では自殺(9位)、女では認知症(8位)の順位が高くなっている。
十大死因による死亡数、死亡率(人口10万対)  前年比較
死 因 令和元年 概数 平成30年 確定数
死亡数 死亡率 死亡数 死亡率
全死因 1,381,098 1116.2 1,362,470 1096.8
悪性新生物〈腫瘍〉 376,392 304.2 373,584 300.7
心疾患(高血圧性を除く) 207,628 167.8 208,221 167.6
老 衰   121,868 98.5 109,605 88.2
脳血管疾患 106,506 86.1 108,186 87.1
肺 炎  95,498 77.2 94,661 76.2
誤嚥性肺炎  40,354 32.6 第7位
38,460
31.0
不慮の事故 39,410 31.9 第6位
41,238
33.2
腎不全  26,644 21.5 26,081 21.0
血管性及び詳細不明の認知症  21,370  17.3  20,521 16.5
アルツハイマー病  20,716 16.7 第12位
19,095
15.4
自 殺 第11位
19,415
15.7 第10位
20,031
 16.1
  

            注:1) 誤嚥性肺炎は平成29年より死因順位に用いる分類項目。
              2) 男の第8位は慢性閉塞性肺疾患、14,816(24.6)、第9位は自殺 13,661(22.7)
                 となっている。
              3) 結核は死亡数が2,088、死亡率が1.7で、第31位となっている。              

(200615更新)