中山道の表紙に戻る


第69宿大津宿おおつじゅく (前半)
 大津宿は中山道69番目、東海道53番目の宿場で、宿場町としての
機能と琵琶湖を使った物資の集散地機能を併せ持っており、中山道、
東海道の中でも最大規模の宿場町であった。
 今も街道沿いで ばったり床机 がある家を見る事ができたりと、往時の面影残る街道である。

平成22年12月8日      木曽義仲に巴と 山吹 、そこえ加わる松尾芭蕉。ここは義仲寺です。

 草津宿を出てかれこれ1時間、弁天池を過ぎて暫く歩くと街道際に木製の常夜灯が1基。近づくと「ここから大津」(左)と記されている。いよいよ中山道最後の宿場である大津宿が近い。

 
 しばらく歩くとT字路の向こう側に「道標」(右)が1本。
「名勝 月の輪大池 南約1粁」とある。名勝と言われれば見に行きたくなるがちょっと遠いなー。

 
 この大池は延宝3年(1675)に掘削されたもの。この先の街道沿いにも「下月輪池」と「山の神池」があり、総称して「月輪池」と呼んでいる。
なんともロマンある名称だが、その云われは、池に映る月に感嘆したからとも、月輪関白藤原兼実の荘園があったからとも。

 大池碑を横に見て数分、道路の向こうに見える池は「下月輪池」(左)。立場があった場所で、かつては大変景色が良かったそうだが、今はちょっと・・・・。


 池を後にして10分、一里山2丁目交差点の左角に「一里塚跡碑」(右)が建てられている。ここは江戸から131番目の月輪池一里塚があった場所。

 この先 瀬田唐橋までは目標物が少なく分かりずらいが、道成りに約10分、瀬田小学校脇の坂道を下り、十字路を左に曲がっていく。
左へ曲がったら500mほど歩いて右に曲がり、浄光寺前を通って道成りに歩くと大きな道路にぶつかるのでここを左に。
赤い欄干の橋を渡るとほどなく猫の石像があり、「左 旧東海道」 「右 瀬田唐橋」 と記されている。ここまで来ればもう迷う事はない。

 日本三名橋の一つとされる「瀬田唐橋」(左)は日本書紀にも登場するという古くからの橋であるが、「唐橋を制するものは天下を制する」といわれるほど軍事の要衝であった。

 一方で「瀬田の長橋」として歌枕になり、多くの文学作品に登場するなどロマンあふれる橋でもあった。

 この橋には「百足退治伝説」(右)が残されている。
 平安時代、瀬田橋を渡ろうとした俵藤太(藤原秀郷)の前に一人の老人が現れ、百足の害で困っているという訴え。これを聞いた俵藤太は、橋の上から三上山に住む大百足に弓を放ち、見事に退治したのだそうだ。

旧中山道は瀬田唐橋を渡り、京阪電車の踏切を越え、次の鳥居川交差点を右に曲がっていく。

 曲がった所の左側に立派な冠木門があり、その脇に「明治天皇鳥居川御小休所碑」(左)が建てられている。ここは旅籠松屋があった場所で、明治天皇東海・北陸御巡幸のおり小休みした場所。

 旧中山道は商店街の中の道を進み、国道1号の高架下を通り、JR琵琶湖線の下を潜り抜けてNECの工場脇を歩き、その先の十字路も横断して道成りに。

 ほどなく民家の門前に比較的小型の「膳所(ぜぜ)城勢多口総門跡碑」(右)が見られる。

 瀬田唐橋を守る目的で築城された膳所城は藤堂高虎の縄張りで慶長6年(1601)に着工。「瀬田の唐橋唐金擬宝珠、水に映るは膳所の城」
と詠われた美しい城であった。明治維新で廃城となり取り壊されてしまったが城門が各地に移設されており、その一部が街道沿いで見られる。

 「若宮神社表門」(上)は膳所城の
犬走り門であった。
 「篠津神社表門」(上)は膳所城の
北大手門であった。
 膳所神社表門(上)は、二の丸より本丸への
入口にあった城門であった。

 膳所城総門跡碑の先からは城下特有の鍵の手の道が続く。往時の面影が少なくなったとはいえ、「ばったり床机のある家」(左)が残っており、街道時代の風景がまだまだ残っている。

 妙福寺、専光寺、の前を通り過ぎ、光源寺前まで来たら右から合流する道に入って100mほど先。戒淋庵という小さなお寺に「芭蕉句碑」(右)がある。
 木のもとに 汁もなますも 桜哉   はせを
 
小ぶりな自然石の句碑が味わい深い。

 街道に戻り次に目指すは「膳所城址」(左)。直線道路を左に、右にと曲がって比較的広い交差点に出たら右に曲がると城門が。

コメント:この城門は模擬城門で、当時の門ではない。

 今は城址公園となっているが、かつては「琵琶湖に突き出た水城」(右)で、白亜の天守閣が琵琶湖に映る様は実に素晴らしかったそうだ。

交差点まで戻り、横断して先へ進むと突き当たりが膳所神社。旧東海道は交差点を右へ。

交差点から先も真っ直ぐな道が続き、Y字路の先からは右へ、左へちょっと複雑に曲がっていく。

 相模川(神奈川県の相模川ではない)を渡った先の「石坐(いわい)神社」は、創建年代不明だが、「本殿」(左)は文永3年(1266)に建造されたというから鎌倉時代のもの。

 石坐神社の少し先に「膳所城北総門跡碑」(右)が街道際にひっそりと立っている。

 北総門跡碑から6〜7分で東海道を歩いた人は必ず立ち寄る「義仲寺(ぎちゅうじ)(左)に到着。

 木曽義仲の死後、義仲の墓近くに草庵を結び日々供養している見目麗しき尼僧が一人。
里人が問うと「われは名も無き女性(にょしょう)」と答えるばかり。
後に巴御前と分かり、草庵を「無名庵」と名づけたのが義仲寺の起こりだとか。

 近江の景観をこよなく愛した松尾芭蕉は義仲寺にたびたび滞在しており、大阪で亡くなる際、
「骸(から)は木曽塚に送るべし」と遺言。木曽義仲墓の隣に埋葬されたのであった。

 源範頼・義経軍に追われた木曽義仲は粟津のこの地で討ち死に。享年31歳であった。門を入った中ほど奥の左側に、松尾芭蕉が木曽塚ととなえた「木曽義仲墓」(左)がある。

 義仲墓の隣は 「芭蕉翁」 とだけ刻まれた「松尾芭蕉の墓」(右)である。芭蕉翁の亡骸は亡くなられた翌日の元禄七年(1694)十月十三日に義仲寺に入り、十四日に埋葬。

伊勢の俳人又玄の一句
 木曽殿と 背中合わせの 寒さかな

 義仲墓の手前に「巴塚」(左)がある。義仲と共に最期を迎えようとしたが叶わず。 その数年後、一人の尼僧が朝な夕なに義仲の菩提を弔っていたのが巴御前であった。

 門を入ってすぐ左に入った所の塚は「山吹供養塚」(右)。義仲の愛妾であった山吹が、義仲に会わんと大津まで来たが、義仲戦死を知り、自害したとも捕らわれたとも云われている。

 この供養塚は大津駅前に在ったが、駅改築に伴い移設されたもの。

境内には多くの句碑が設置されているが、芭蕉句碑が三つある。
行春を あふミの人と おしみける
                  芭蕉桃青
旅に病んで 夢は枯野を かけ廻る
                  芭蕉翁
古池や 蛙飛びこむ 水の音
               芭蕉翁

 義仲寺を出て昔の面影が少し残る街道を十数分、「露国皇太子遭難之地碑」(左)がT字路の左側に建てられている。ここは「大津」の名を世界に発信した大津事件が発生した場所。

 街道はこの先で路面電車が走る広い道路と交差する札の辻。東海道はここを左に曲がっていくのだが、ちょっと寄り道を。

 交差点を横断すると「札の辻標柱」(右)が建てられている。ここは名のごとく高札場が在った場所であるが、越前国敦賀へと通じる北国海道の基点でもある。

 北国海道の途中から分かれ、再び東海道に戻る約5kmの裏道を「小関越え」と呼んでおり、札の辻から10分ほど歩くと江戸時代中期の建立と云われる「小関越道標」(左)が見られる。

 小関越え道標のちょっと先を左に入ると天満宮だが、その境内にあったのは「芭蕉句碑」

 山路きて なにやらゆかし菫(すみれ)   はせを

 ここまで来たのでもう少し寄り道を。



前の宿場草津宿へ    大津宿後半へ    表紙に戻る