中山道の表紙に戻る

 

第59宿今須宿
 美濃路最後の宿場である今須宿は妙応寺の門前町として賑わい、
さらに街道が整備されると商業地としても賑わった宿場であった。
しかし、明治以降は近くを東海道線が通りながら駅が無かったため、
山間の静かな里へと変わってしまった。


 

平成22年3月12日     二条良基(南北朝時代の公卿・関白太政大臣)とは、なんと粋狂なお人だ。

 関ヶ原宿を出てかれこれ小一時間、今は舗装され難なく歩ける「今須峠」(左)であるが、江戸時代には「馬も滑る」と言われた難所。特に冬季は積雪に悩まされた峠越えであったそうだ。

 峠を越えた先の下り坂途中で、何体かの野仏が見られる。と言っても崖の中腹、下を見て歩いていると見落としてしまいそう。

 野仏の先で国道21号を横断すると「今須一里塚」(右)が出迎えてくれる。この一里塚は、国道工事で撤去された塚を元の位置より少し東側に復元したもの。嬉しいねー復元してくれたとは。

 中山道は一里塚の先から国道脇を下っていくのだが、下らずに再度国道を横断し、踏切を渡って青板(せいばん)神社に寄り道を。

 神社の前で「徳川家康腰掛石」(左)なるものが見られる。関ヶ原の戦いに勝利した家康は、近江佐和山に軍を進める途中、今須本陣の伊藤家で一休みしたが、その時腰掛けた石なのだそうだ。

 街道に戻り、坂道を下って「今須橋」(右)を渡ると今須宿である。かつては問屋場が7軒もあったという賑わった宿場であるが、今は静かな静かな山間の里である。

 その静かな町並みだが、街道の雰囲気は残るが宿場時代の面影はあまり感じられない。

 ほどなく「本陣跡付近」(左)まで来ると、説明板と今須宿碑が建てられている。ここから小学校一帯が伊藤家本陣があった場所で、小学校の駐車場辺りは、美濃16宿中唯一の2軒の脇本陣があった場所。

 本陣跡反対側のトンネルの向こうに「妙応寺」(右)が僅かに見える。当寺は正平15年(1360)創建で、県下で最も古い寺院なのだそうだ。

 本陣跡のすぐ先に見える古民家は、美濃16宿中唯一の「現存の問屋場家屋」(左)である。

 今須宿には人馬・荷物の継ぎ立てを行う問屋場が7軒もあり、商業地として大変な賑わいであったが、その中でも山崎家の建物は往時の繁栄ぶりを知ることができる貴重な建物。

 その先、板塀の一角にある「常夜灯」(右)は、京都の問屋河内屋が建立したもの。大名の荷物が行方不明になったとき金毘羅様に願かけしたところ発見されたので、そのお礼に建立したのだとか。

 常夜灯の先を道成りに十数分、「車返しの坂」(左)なる草道があるが、この云われが面白い。
 南北朝の時代、粋狂な人がいたもので、不破関屋の荒庇(ひさし)から漏れる月の光が面白いと聞き、都から牛車に乗ってやって来たのが公卿の二条良基。ところが、この地で、屋根は直してしまったと聞き「なんだ面白くない」と引き返してしまったのだとか。

 この先の国道21号を横断して数分、芭蕉が野ざらし紀行の帰り、この地で詠んだ句の「句碑」(右)が並んでいる。
 年暮れぬ笠着て草履履きながら  はせを
 正月も 美濃と近江や 閏月  はせを

 芭蕉句碑のすぐ先に、「寝物語碑」(左)が建てられている。その隣に細い溝があるが、ここが「県境」(左)であり、かつては国境でもあった。

 県境(国境)の隣に美濃国と近江国の「国境碑」(左)が建てられている。

 ついに美濃路の旅が終わり、近江路の旅となった。

 国境を越えたすぐ先に「寝物語の里碑」(左)が建てられており、傍らの説明碑に由来が記されているので要約を。

 国境にある溝を挟んで番所や旅籠があり、「寝ながら他国の人と話し合えた」ので寝物語の名が生まれた。また、「常盤御前が、隣の宿の話し声から家来の江田行義と気付いた所」とも「静御前が江田源蔵と巡りあった所」とも伝えられているそうだ。

 寝物語の里からもう少し先まで歩くと神明神社脇に「旧東山道」(右)が僅かな区間だが残っている。
 この先の坂を下り踏切を渡る、と近江路最初の宿場「柏原宿」である。



前の宿場関ヶ原宿へ    次の宿場柏原宿へ   表紙に戻る