中山道の表紙に戻る


第47宿大湫宿おおくてじゅく
 大湫宿は、中山道開通より遅れた慶長9年(1604)に開かれた宿駅で、
東に十三峠、西に琵琶峠を控えた山間の小さな宿場である。
 江戸時代後期に建てられた国登録有形文化財の古民家が街道沿いに
並んでおり、趣ある町並みを歩くことができる。

平成21年12月2日   むむっ 姫が3人、いや3体

 十三峠を歩き終わると「大湫宿碑」(左)が迎えてくれる。石碑には「京へ四十三里半」とある。キロに直すと約170km強。
三条大橋はまだまだ先だが、大湫宿はもうすぐそこだ。

 宿碑横の坂道を下り、枡形を左に曲がると、そこは宿場。

 早速「古民家2棟」(右)が並んでいるではないか。共に江戸時代末期の建物で、旅籠だったという三浦家と森川家。両建物とも国登録有形文化財となっている。

 1〜2分歩いた先の駐車場奥に「姫が3人、いや3体」(左)。

 この横の小学校はかつて本陣があった場所。和宮降嫁の際、この本陣を一夜の宿としているが、その他にも五十ノ宮や登美ノ宮、鋭姫・・・・など多くの姫様がお泊りになったとか。

 横の坂道を上がり小学校の門を入ると、左側に 「和宮歌碑」(右)が建てられている。
   遠ざかる 都と知れば旅衣 一夜の宿もたちうかりけり
     思いきや 雲井の袂ぬぎかえて うき旅衣袖しぼるとは

 街道に戻ったすぐ先で、時代劇でよく見かける「防火用水」(左)が目に入った。 銭形平次の子分 がらっ八 に追われた盗人がひょいと身を隠したあれよ。神田明神下の長屋ではなく大湫宿にあったか。


 その隣が 「問屋場跡」(右) だが、今は説明板があるのみ。 ごくごく一般的なことだけが説明されているが、大湫の問屋場の特徴などを記してくれたら読み応えがあったのになー。

 その先になんとも珍しい「虫籠(むしこ)窓の家」(左)があった。虫かごに似た窓なので虫籠窓。中山道では始めて見た窓の形状だが、近畿地方に多いそうだ。京都に近づくと見ることができるかな。


 その対面辺りの階段上が「旧脇本陣 保々家」(右)で、当時の建物が一部残されている。今も保々家が住居としているため、内部の見学は出来ないが、母屋は当時を偲ぶことが出来る重厚な造りである。

 脇本陣の先にある神明神社は慶長年間(1596〜1614)に創建されたということだが、すごいのは神社前にある「神明の杉」(左)。樹齢1300年だとか。幹回りは10mとも11mとも。

 神社脇の小道を上っていくと大湫観音堂に行かれるが、「観音堂の絵天井」(右)が素晴らしい。

 弘化4年(1847)に再建された観音堂の天井を描いたのは恵那郡の三尾静なる画人。60枚の花鳥草木絵は見事な筆致で、今でも鮮やかな色合いを見ることができる。

ここから平成21年12月3日    江戸時代のままの700m以上の石畳道を歩いてきました。

 観音堂から元に戻らず先の階段を下っていくと、「高札場跡」(左)があり、高札が復元されている。

 奈良井宿で復元高札場を見かけたが、その後、妻籠、馬籠、中津川、大井と各所で高札が復元されている。 高札場の復元がブームだった時期があったのかな。

 宿場街はこの辺りで終わりであったが、今はもう少し先まで家が連なっている。この先は「小坂の馬頭様」(右)や大洞の馬頭様を見ながらのんびり歩くことに。

 大洞の馬頭様のすぐ先に安藤広重の版画にも描かれている「大湫の二つ岩」(左)がある。手前が母衣岩(ほろいわ)、向こうにチラット見えるのが烏帽子岩。

 太田南畝(蜀山人)が記した壬戌(じんじゅつ)紀行の一部が「二つ岩碑」(右)に刻まれているので、さらにその一部を。
 道の左に立てる大きな石二つあり。 一つを烏帽子岩という。 高さ二丈ばかり、巾は三丈に余れり。 また母衣石というは高さひとしけれど巾は倍せり。 ・・・・・・・
注:太田南畝は江戸に向かっていたので向きが逆に表現されている。

 二つ岩から5〜6分歩いたところに「琵琶峠入り口」(左)がある。標高558mほどなのでそれほど高い峠ではなが、江戸時代の長い旅にはきつい峠越えであっただろう。


 新道が出来てからは、長い間埋もれていた峠道であったが、昭和45年に「江戸時代のままの石畳道」(右)が700m以上にわたって確認され、当時の峠道に復元・整備されました。

 江戸時代の石畳道としては日本一の長さだそうです。

 石畳道を上っていくと、途中の見晴し台に太田南畝などの文学碑が据えられているが、全く見晴らしが悪い見晴し台であった。

 「峠頂上」(左)は巾1・5mほどの狭い道。この道を和宮一行数千人が越えていったのかと思うと隔世の感がある。

 頂上には馬頭様と「和宮歌碑」(右)が据えられている。
  住み馴れし都路出でて けふいくひ
          いそぐとつらき  東路のたび

 多くの従者と一緒とはいえ、心細い旅ではなかっただろうか。

 この先は下り坂。まもなく「八瀬沢(やせざわ)一里塚」(左)に到着。左右両塚とも塚上の木は無くなっているが、ほぼ完全な形で現存しているという貴重な一里塚である。

 琵琶峠を下り、車道を横切ってさらに下ると県道に合流するが、このあたりが八瀬沢立場跡。この先は県道をてくてくと。

 一つ屋茶屋跡・天神辻の地蔵尊・焼坂の馬頭様などを見ながらかれこれ40分、街道際に「弁財天の池」(右)がある。ここの弁天様は琵琶ならぬ八臂(はっぴ)の立像。手が8本もあるとは勇ましいねー。



前の宿場大井宿後半    次の宿場細久手宿へ   表紙に戻る