中山道の表紙に戻る


第41宿三留野宿 みどのじゅく
 木曽氏の館があり「御殿(みどの)」と呼ばれたことが「三留野」の由来と
云われている。 江戸時代に4度の大火に見舞われているが、明治14年
(1881)の大火では宿場のほとんどを焼失してしまったため当時の面影は
少ない。
 また、鉄道開通とともに町の中心が三留野駅周辺
(現南木曽駅)に移って
しまったことから、今は静かな静かな町並みとなっている。

平成21年9月14日     思わぬところで「円空仏」を拝観することができました。

 国道19号を木曽川沿いに歩き、蛇抜け地蔵を見たりして約40分。 金地屋集落を過ぎると左に入る細い道が(県道264号)あるが、この道が「旧中山道」(左)で、まもなく三留野宿である。

 JR中央線のガード下を通り、坂道を上っていくと三留野宿入り口の枡形道へと入っていく。

 三留野宿は明治14年(1881)の大火で町並みのほとんどを焼失してしまった。 それでも枡形道を抜けると「出梁造りの家」(右)が並び、ひなびた街道風景を味わうことができる。

 宿場の中ほどまで歩くと「脇本陣跡」(左)の説明板が建てられている。代々宮川家が務めてきた脇本陣であるが、その建物は残念ながら明治の大火で焼失。

 脇本陣跡の斜め先が「本陣跡」(左)で、こちらは鮎沢家が務めており、文久元年(1861)11月に皇女和宮一行が宿泊。また大火の前年には明治天皇も一泊されている。

 この辺りが宿場の中心地で、さぞかし賑わっていたのだろうが、今は静かな静かな町並み。

 「旧中山道」(左)はその先のガードレールの間から狭い階段を下っていく。道路整備のために追いやられてしまった中山道だが、それでも残してくれただけでもありがたい。


 階段を下った先に「常夜灯」(右)が一基。享和3年(1803)に建立された秋葉常夜灯で、正面に刻まれているのは「秋葉永代 常夜灯」と。

 街道は常夜灯の先で、先ほど分かれた道に合流するのだが、ちょっと戻って「等覚寺」(左下)に寄り道を。山門を入った左側の円空堂
円空仏が収められており、若干のお布施(賽銭)で自由に拝観することができる。

 堂の扉を開けると、ガラス張り金庫の中に収められていたのは「天神像」(左側)及び「弁財天坐像と童子像」(右側)。

 等覚寺には韋駄天像もあるのだが、これは庫裏に保存されており見ることはできない。

 特別展示会などでしか見られない円空の仏像を、こんなにも自由に見せてくれるとは、等覚寺のご住職に感謝である。

 旧中山道に戻り橋を渡ると南木曽小学校に行く上り階段があるが、その階段を数段上がって右に曲がる道が「旧中山道」(左上)。
街道はその先の坂道を上り、「蛇抜橋」(上中左)を渡り、「貯木場」(上中右)を右下に眺めながら、緩い坂道をさらに上っていく。

 坂を上りきった辺りに「園原先生碑」(左)なるものが建てられている。三留野村出身の園原旧富は京都で神学を学んだ国学者であるが、木曽谷を隈なく歩き「木曽古道記」や「木曽名物記」などを記している。

 この先で街道を外れてちょっと寄り道を。 坂を下ってJR中央線を越え、国道19号も越えて木曽川に架かる三留野大橋へ。

 上流に長大吊橋の「桃介橋」(右)が見える。大同電力(現中部電力)の社長であった福沢桃介が、読書発電所建設のために大正11年に架けたもので、今は南木曾町の有形文化財。

 街道に戻り、しばらく林の中の道を歩いて神戸集落に入ると、切り倒された松の根元に「ふりそで乃松碑」(左)が。

 「木曽義仲が弓を射るのに邪魔になった松を、巴御前が袖を振って枝をなぎ払った」という伝説が残る松であったが、松くい虫の被害に遭い平成21年6月に伐採となってしまった。残念。

 伐採した松は「水舟」(右)となって、木曽義仲が創建したという観音堂の境内に置かれている。その前に「義仲こしかけ石」(右)が鎮座しているが、この石は木曽義仲が兜を置いて腰掛けた石なのだとか。

 観音堂から4〜5分、石畳道の上り坂を上ると、その先に小山が街道の両側に。小山の上には一里塚碑もある。ここは江戸から八十里目(説明板には78里と記されている)「上久保一里塚」(左)。

 一里塚の先の坂を下っていくと「良寛歌碑」(右)がありました。

 木曽路にて  この暮れの もの悲しきに若草の
                     妻呼びたくて 小牝鹿鳴くも

良寛が木曽路を通った折の二首の内の一首だそうです。

 良寛歌碑のちょっと先、道端に「くぼはら茶屋碑」(左)がひっそりと立っている。道路を挟んだ反対側にかなり大きな一軒家があるが、かつての茶屋だろうか。

 茶屋碑の後ろに、屋根に石を置いた「水車小屋」(右)が見えるが、なんともいえない風情がある。

 街道はこの先から 「木曽路を歩いている」 そんな雰囲気を感じさせてくれる桧林の中の上り坂。

 坂を上りきった所に「中山道蛇石道標」(左)が建てられており、刻まれている文字は「左下り道 志ん道(新道) 中山道蛇石 右つまご宿」。

 このちょっと先の沢で道標に記された「蛇石(へんびいし)(右)が見られる。蛇のような形ではない。察するところ、蛇抜けで転がってきた大石ではないかと。

 中世の中山道はこの沢沿いに上っていったのだが、元禄16年(1703)
に現在の道に付け替えが行われている。

街道はこの先のしろやま茶屋跡(崩れ落ちそうな廃屋)の前を通り、三方に分かれた真ん中の道を下るといよいよ妻籠宿である。



前の宿場野尻宿へ   次の宿場妻籠宿へ    表紙に戻る