中山道の表紙に戻る


第39宿須原宿 すはらじゅく
 当初は木曽川の川岸にあった須原宿であるが、正徳5年(1715)の洪水で宿のほとんどが流されてしまったため、享保2年(1717)に現在地へ移転。
 豊富な湧水を溜める 水舟
(みずぶね) があちらこちらで見られることから
「水舟の里」 とも呼ばれている。

平成21年6月25日  幸田露伴に島崎藤村そして正岡子規 明治の文豪・俳人揃い踏みの須原宿です。

 寝覚の床を出て旧中山道に戻り小一時間、石畳の道があり、小野の滝があり、荻原の一里塚跡碑もあったが、荻原の集落から国道19号に戻ると「松葉菊の壁」(左)が。 見事な咲きっぷりに思わず1枚。


 この先の荻原沢の橋を渡って1〜2分、「左に入る細い道」(右)を上り、JR中央西線のガードをくぐると、山中へと入っていく静かな上り坂の道となる。

 車も人も通らない静かな道を上って行くと数軒の家があり、さらにその先に1軒の民家がある。「旧中山道は民家の横を通り」(左)、土蔵の脇を通って草道を下っていく。

 気持ちの良い草道を下っていくと 「むむっ 蛇?」(右)  ではなく単なる棒でした。

 この先のくるみ坂を下り、中央西線のガードをくぐると再び国道19号に合流。

 国道に合流した旧中山道はすぐに左の細い道に入っていくが、数分歩くと国道に戻るので、今度は国道を横断して「立町立場跡」(左)の集落へと坂を下っていく。

 静かな静かな集落であるが、かつては旅人で賑わっていたのだろう。

 集落の中ほどを過ぎた左側で 「吊り橋」(右) を発見。木曽川に架けられた木造の吊り橋はなんとも風情がある。 真ん中あたりまで歩いてみたが、ゆ〜らゆらと揺れるところがいいね〜。

 旧中山道はこの先で再び国道に合流し、JR倉本駅の手前で左に曲がっていくのだが、現在は消滅。このまま国道を歩き
倉本駅の先で左に曲がり、JRのガード下を抜けていくと倉本の集落に入り旧中山道に復帰。

 倉本の集落には古民家が何軒か残っており、『旧中山道』 そんな雰囲気を感じることができるひなびた街道である。

 その先の栃の木坂と呼ばれる坂を下ると「常夜灯」(左)が1本、その後ろの石塔群には享保12年(1727)と刻まれた庚申塔も見られる。

 常夜灯のちょっと先に「江戸時代のままの草道」(右)が残されている。江戸時代だったら、多くの旅人が行き交うので草道とはならないだろうが、道幅は当時のままなのだとか。

 草道を通り、大沢川沿いを下ってくると「国道19号」(左)に合流して左へ曲がっていく。行く手はどこまでも山、見渡す限り山、この山を抜け出すのはいつ頃になるのだろうか。

 人が全く通らない国道の歩道をてくてくと歩いていくと右側に駐車場があり、その奥に「一里塚の跡碑」(右)がひっそりと立っている。気にしていないと通り過ぎてしまいそうだ。

 ここは倉本一里塚があった場所。石碑には江戸より七十四里と刻まれている。

 旧中山道は倉本一里塚の先で国道から分かれ右側の「池の尻集落」へと入っていくが、ここも立場があった場所。車道は行き止まりとなるが、そのまま草道を進むと国道に戻り、その先は延々と国道19号を歩くことに。

 国道19号をてくてくと、 途中で右側の道に入ったり、左側の専用歩道を歩いたり、 1時間も歩いただろうか。 「左へ上がる道」(左)があり、「須原宿」の案内看板も立てられている。


 ついつい左へ上がって行きたくなるが、ここは真っ直ぐ進み100mほど歩いた先、左側の「砂利道が旧中山道」(右)である。砂利道の坂を上がり左へ曲がると、さきほど間違えそうになった車道に合流。

旧中山道は車道に出たら右へ曲っていくのだが、左へ曲がってちょっと寄り道を。

 左方向へ50mほど歩くと「須原宿一里塚跡」(左)と記された表示板が建てられている。本来は先ほどの須原宿の案内看板あたりに一里塚があったようだが、何故ここに表示が?

 一里塚跡表示板の隣に旧中山道を歩く旅人に人気の「大和屋」(右)というお店がある。人気の秘密は「すばらしいぞえ須原の桜、つけてにえ湯の中で咲く」と唄われた「桜の花漬」を売っているからである。

 桜の花漬ならどこでも売っているが、大和屋さんの桜の花漬は江戸時代からの須原名物、しかも自家製。

 大和屋の対面がJR須原駅であるが、駅前広場に建てられている石碑は「幸田露伴文学碑」(左)。

 文学碑によると 「明治22年、木曽路を旅した幸田露伴は須原宿に泊まり、その縁で出世作『風流仏』を著したのだとか。文中には桜の花漬のことも記されている」

 街道に戻り緩い坂を下っていくと、静かな町並みの左手に旅籠行灯が置かれた家が目に入るが、ここは「須原本陣跡」(右)。

 本陣跡の先に見えるのは「正岡子規歌碑と水舟」(左)。
 寝ぬ夜半を いかにあかさん山里は 月いつるほとの 空たにもなし
明治24年、正岡子規は須原宿で一泊              子規

 明治20年代には中央線はまだ木曽まで開通していない。幸田露伴も正岡子規もてくてくと歩いてここまで。昔の人は凄い!

 水舟の対面が「脇本陣跡の西尾酒造」(右)である。西尾家は中山道制定と同時に問屋、庄屋も兼ねた脇本陣であった。また造り酒屋は江戸時代初期の創業だとか。

 脇本陣跡の先、黒板塀の場所は島崎藤村の「ある女の生涯」の舞台となった「清水医院跡」(左)である。藤村の姉 園も入院したことがあるのだとか。残念ながら建物は明治村に移築されてしまったそうだ。


 宿場街終わり近くの風情ある建物は「旧旅籠・柏屋」(右)。障子がガラス戸に変わっているが建物は旅籠時代のまま。2階軒下の三都講の看板が江戸時代を彷彿とさせる。。

旧中山道はその先で枡形道を右に曲がっていくのだが、ちょっと寄り道を。

 真っ直ぐ行った左が木曽の三大名刹定勝寺である。永享2年(1430)に創建され、現在地に移されたのは慶長3年(1598)。そのとき建てられた「本堂」(左)は国の重要文化財。

 枡形道まで戻り、左に下る道(宿場方向から来た場合は右に曲がる)「鍵屋の坂」(右)。ここは真ん中に用水があり、両側が道という、江戸時代そのままの形状が残っている。

 旧中山道は鍵屋の坂を下って左に曲がり、その先の水神様前を通り、突き当たったら右へ。

 宿場を出た街道はJRの踏み切りを渡り、山の中腹を上っていくのだが、振り返ると「駒ケ岳方面の山並み」(左)がきれいに見える。足元には木曽川と国道19号、JR中央西線が見え隠れ。

 道はやがて下り坂となり橋場集落へと入っていく。集落の中ほどを左に曲がり、さらに左に入ると 木曽の清水寺 とも呼ばれている「岩出観音」(右)の優美な姿が。

 懸崖造りの御堂は一度火災に遭い、文化10年(1813)に再建されたもの。堂内には多数の絵馬が掲げられている。

 旧中山道に戻って伊那川橋を渡り、しばらく歩いたら大島橋の手前を左に入っていく。その先は山と山に挟まれた、まさに「山間(やまあい)の集落」(左)。

 山間の道は写真右側の山裾をぐるっと回り込むように続いている。やがてT字路となるので右に曲がると、間宿平沢の集落へと入っていく。

 平沢集落の天長院「マリア地蔵」(右)と呼ばれる地蔵様が山門脇に鎮座している。かなり風化が進んでおり分かりずらいが、子どもを抱いた紐が十字になっているのでマリア様。




前の宿場上松宿へ    次の宿場野尻宿へ    表紙に戻る