中山道の表紙に戻る



第36宿宮ノ越宿 みやのこしじゅく
 宮ノ越宿は戦国の武将、木曽義仲ゆかりの地として知られており、
義仲にまつわる名所・旧跡が何ヶ所かある。しかし明治16年
(1883)
大火で宿場が全焼してしまったため、往時の面影はあまり感じられない。


 

平成21年4月9日   江戸より六十六里三十五丁。約263kmをてくてく歩いてきました。

 山吹トンネルを出て緩い坂を下っていくと、やがて交差点際に「巴淵」「義仲館」と書かれた看板が。交差点を右に曲がると木曽11宿共通デザインの案内板に「宮ノ越宿」(左)とある。

 中央西線のガード下を通り過ぎると、公園の一角に「巴淵」(右)と刻まれた石碑があるが、よく見ると右側に小さく刻まれた文字が。
  山吹も 巴も出でて 田植えかな   許六

  蕉門十哲の一人 森川許六の句であるが、 義仲の愛妾 山吹と巴を一緒に田植をさせるとは、なかなか。

 公園の下は木曽川の流れが巴状に渦巻く淵であることから「巴淵」(左)と呼ばれている。伝説によると、ここに住んでいた竜神が化身して絶世の美女巴御前になったのだそうだ。

 その巴御前はこの淵で水浴し、泳いでは武技を練ったのだとか。そして木曽義仲とともに出陣、馬にまたがり戦場を駆け抜けたのであった。

 公園横の巴橋を渡ると「手洗水」(右)なる水場がある。木曽義仲が南宮神社に参拝する際、この清水で手を清めたということだが、以来800年、今も滾々と清水が湧き出ている。

旧中山道は巴橋を渡ると左に曲がり、木曽川沿いを下っていく。

 まもなく街道際に「有栖川宮御休所跡碑」(左)が建てられている。明治30年、織仁親王と后薫子が中山道を旅した折、手塚太左衛門宅に小休止した場所だそうだ。明治天皇以外の御休所跡碑は珍しい。

 木曽川から少しだけ離れると「のどかな田んぼの中の一本道」(右)を歩くようになるが、このあたりは海抜800mほどの徳音寺集落。 やっと道端に緑が見え初めている。

 のどかな一本道を歩いていくと再び木曽川に接近。葵橋を渡り、左に曲がると木曽義仲旗挙八幡宮に行かれる。
旧中山道は葵橋を渡って右に曲がっていくのだが、寄り道したい場所があるので橋を渡らず真っ直ぐに。

 ほどなく徳音寺の案内があるので右に曲がると「徳音寺山門」(左)が見える。彫刻など施されておらず簡素な造りの山門(鐘楼門)は300年近く前の享保8年(1723)建立。

 徳音寺は木曽義仲の菩提寺。本堂左手の奥に「木曽義仲の墓」(右)がある。傍らには巴御前、義仲の母小枝御前など一族の墓も。

 ちょうど居合わせた寺の管理人に「ここにも木曽義仲のお骨は入っているのですか」と尋ねると「ありません、義仲寺です」とそっけない返事。
(義仲寺は東海道大津宿にあります)

 徳音寺を出て広い道に出ると屋敷門の奥に巴御前と木曽義仲の銅像が見える。ここは木曽義仲の資料を展示した「義仲館」(左)。休憩がてら木曽義仲に関する知識の吸収を。

 義仲館を出てすぐ先の義中橋を渡って旧中山道に復帰。

 橋を渡って右に曲がり数分歩くと「宮ノ越宿の町並み」(右)。高さ3mほどの木柱に「江戸より六十六里三十五丁」と記されているが、メートル法では約268km。中山道のほぼ半分まで歩いてきたことになる。

 木柱の後ろあたりに本陣があったのだが、明治16年(1883)の大火で全焼。今は「本陣跡」(左)となってしまい、説明板と明治天皇御小休の址碑があるのみ。


 その先が「脇本陣跡」(右)であるが、ここも明治の大火で焼失。「脇本陣・問屋跡」と書かれた小さな案内板が建てられている。
 
 

 脇本陣跡の数分先にある出梁(だしばり)造りの旧家は元旅籠の「田中家」(左)である。ここも明治の大火で焼失したのだが、運び出した建具をもとに再建。一階の格子戸と二階の障子のコントラストが面白い。


 田中家の少し先の道路際に「明治天皇御膳水」(右)なる井戸がある。 江戸末期に掘られた井戸は近郷随一の名水と言われ、旧本陣で小休された明治天皇にこの水で献茶されたそうだ。

御膳水の先あたりから中央西線と平行する中山道は緩い下り坂となる。まもなく一里塚跡があるはずだが・・・・・無い。

 行きつ戻りつしたが見つからない。ついに畑仕事をしていた方に尋ねると、「あそこに看板が出ているけど見落としたかい」 確かに看板がある。が、文字がほとんど読めない。まさかこの看板が一里塚跡とは。

 旧中山道はこの先10分ほど歩き、中央西線の踏み切りを渡ってすぐに右に曲がっていく。


 4〜5分歩くと「間宿(あいのしゅく)原野」(右)の集落。出梁造りの家が点在し「旧街道」そんな雰囲気を味わうことができる。

 まもなく「中山道中間地点」と刻まれた石碑があるそうだ。そこを越えると中山道の旅も後半に入る。



前の宿場薮原宿へ    次の宿場福島宿へ    表紙に戻る