中山道の表紙に戻る




第34宿
奈良井宿

 ならいじゅく
 奈良井宿は難所の鳥居峠をひかえ、「奈良井千軒」と言われたほど賑わった宿場である。
また、旅人の土産物として人気があった曲げ物、櫛、漆器などの木工産業が盛んな場所でもあった。

「重要伝統的建造物群保存地区」の町並みは、さながら江戸時代に
タイムスリップしたような。
休日は観光客でごったがえす宿場町も今日は平日、静かに町並みを散策できる。

平成21年4月8日  

 橋戸一里塚を見た後、遊歩道を少し歩いて奈良井大橋を渡り、中央線の踏み切りを越えるといよいよ奈良井宿が近い。

 踏み切りの手前で左下を眺めると、山と山の間に流れる「奈良井川」(左)が見えるが、この川は写真中央の鳥居峠が源流となっている。
明日はこの山を越えなければ次の宿場へ行くことができない。

 踏み切りを渡り、奈良井駅前を過ぎると 「奈良井宿」(右) と記された看板がある。こういう物を見るとすぐ写真に撮りたくなるんだなー。

 奈良井宿看板のちょっと先から右側の坂道を上り八幡宮へ向かうと、途中に「旧中山道の杉並木」(左)が50mほど現存している。国道の開通に伴い忘れ去られた道となってしまった。


 杉並木の先に地蔵堂があり、その前に千手観音や如意輪観音などの石仏が多数祀られている。ここは「二百地蔵」(右)と呼ばれているが、明治期の国道や鉄道施設の工事にともない集められたもの。

 街道に戻るとさっそく「奈良井宿の町並み」(左)が現れる。電柱や電線が全く見えない。軒の低い、格子戸がはめ込まれた家並みがどこまでも続き、まるで江戸時代にタイムスリップしたような。

 町並みに入って数分、軒からランプが下がり、真っ赤な蛇の目傘が置いてある家は「松屋茶房」(右)。江戸時代は櫛問屋だったという160年前の建物が喫茶店に変身している。

 松屋茶房横の路地を入ってちょっと寄り道を。

 奈良井川まで歩くと「木曽の大橋」(左)が見える。橋脚を持たない総桧造りの太鼓橋は長さ33m、国内有数の大きさなのだとか。夜間のライトアップが幻想的で見ごたえある。(冒頭の写真)


 街道に戻り少し先まで行くと、軒下に特大の酒林が下がった建物があるが、ここは「杉の森酒造」(右)。
創業は寛政5年(1793)というから200年ほどの歴史を持つ造り酒屋である。

 杉の森酒造のちょっと先を右に入った奥の大宝寺に鎮座しているのは「マリア地蔵」(左)という変わったお地蔵様。

 昭和7年(1932)に地元の人が藪の中から掘り出したのだそうだが、抱いている嬰児が持つ蓮華の先が十字状になっていることから、隠れキリシタンが密かに祀ったのではないかと言われてる。

 街道に戻り1〜2分、七間間口の 「徳利屋」(右)は、江戸時代には脇本陣を勤めたことがあり、明治に入ると島崎藤村や幸田露伴らの文豪も泊まっている旅籠。今は郷土館を併設しているお食事処。

 徳利屋の先を右に入った奥に「本陣跡」(左)がある。今は公民館が建てられているが往時の面影は無く本陣跡と記された標柱が寂しげに立っている。

 街道に戻り数軒先まで歩くと「伊勢屋」(右)と記された旅籠行燈があるが、ここは江戸時代に下問屋を務めたこともあるという旅籠。

 実は、今日の泊まりは伊勢屋さん。文政元年(1818)に建てられたという母屋の2階から見る街道は200年前の景色。  残念ながら千本格子が邪魔をして写真が上手く撮れなかったのが心残り。

 旅籠行燈が街道を照らしている「夜の奈良井宿」(左)はしーんと静まり返っている。標高が高いだけに(約900m)夜はまだまだ寒い。夜鳴きソバの笛の音でも聞こえればまるで江戸時代そのままだ。


 伊勢屋の2軒先が「上問屋資料館」(左)。手塚家が務めた上の問屋は江戸時代の270年間、時には庄屋を務めたこともあったそうで、その間に残された多くの文書や道具が展示されている。

 

 街道は上問屋資料館から5〜6軒先で右に曲がっているが、ここは京側の「枡形道」(左)。ここでは「鍵の手」と呼んでいるようで、傍らに建てられているのは「鍵の手碑」(左)。

 鍵の手を曲がった数軒先に旅籠行燈が置かれた民家があるが、ここは天保年間に建てられた「中村邸」(右)。

 中村家は江戸時代に櫛問屋を営んでいたそうだが、今は内部を資料館にして一般公開している。

 宿場の南端に復元された「高札場」(左)は昭和48年(1973)に建てられたもので年月を経て味わい深い色に。


 高札場の横には、宿場のあちこちで見かけた「水場」(右)から昏々と清水が湧き出ている。鳥居峠を下ってきた旅人には甘露の水ではなかっただろうか。一口飲んでみたが、冷たくて旨い!

 水場の先の赤い鳥居は村人の産土神である「鎮神社」(左)。その昔、村に疫病が発生したときそれを鎮めるために建立されたのだとか。鳥居峠を越えていく旅人は道中の安全を祈願していったそうだ。

 その隣の建物は楢川歴史民族資料館だが、その前庭の石碑は「山口青邨句碑」(右)。
   お六櫛 つくる夜なべや 月もよく   青邨

 お六櫛は木曽の名産品で土産物として大変人気があった。



前の宿場贄川宿へ    鳥居峠へ    表紙に戻る