中山道の表紙に戻る


第33宿贄川宿 にえかわじゅく
 贄川宿は奈良井川の両岸に迫る山の間の小さな宿場町で、木曽11宿の最北端の宿である。ここには福島関の添番所(贄川関所)が設けられ、木曽路の北の防御拠点でもあった。

 昭和5年
(1930)の大火で町の大半を焼失してしまったため、往時の面影はあまり感じられない。

平成21年3月19日 
いよいよ木曽路の旅に入りました。山と山の間の狭い谷を、道路と線路と川が並走しています。

 「木曽路碑」(左)を見ると 「いよいよ木曽の山中に入ったな」 そんな実感がふつふつと湧いてくる。

 「東ざかいの桜沢から、西の十曲峠まで、木曽十一宿はこの街道に沿うて、二十二里余に渡る長い渓谷の間に散在していた」 とは、島崎藤村の「夜明け前」の冒頭だ。

 その桜沢集落に入ると明治天皇櫻澤御小休所碑御膳水碑が建てられているが、ここは百瀬家が務めた「桜沢茶屋本陣跡」(右)。

 うなりを上げて通り過ぎるトラックに付き合ってきたが、片平橋を渡り しばらく歩いた先の右へ入る道は「片平集落への入口」(左)。わずかな区間であるが、国道から離れた静かな集落を歩くとほっとする。

 集落外れの鶯着(おうちゃく)下から再び国道に合流するのだが、すぐ先の擁壁上に見える小山は現存の「若神子(わかみこ)一里塚」(右)。国道の工事で少し削られ、小さくなってしまったのが残念。

 一里塚の先で再び右に入る道が旧中山道で、その先は若神子集落へと続いている。

 若神子集落の終わりから左へ下る道が「旧中山道」(左)であるが、居合わせた方が 「どうせ歩くならこっちの道へ行きな。こっちも中山道だよ」 と教えられた道は古中山道

 教えられたとおりに歩くと「贄川駅」(右)をはるかに見下ろす場所に出たが、「停車場」という言葉が似合いそうな駅である。

 旧中山道は若神子の集落から左に下り、国道と中央線を越えた向こう側を通っていたのだが、今はほとんど消滅状態。

坂を下って国道に合流し、贄川駅前を通ってメロディ橋と名づけられた跨線橋を渡ると再び旧中山道に入ることが出来る。

ここから平成21年4月8日

 メロディ橋を渡ると左下に「贄川関所」(左)が復元されている。ここは福島関の添番所として設けられた関所である。旅人はもちろんであるが、木曽桧を使った曲物や漆器の密移出にも目を光らせていた。


 贄川宿は昭和の大火で町並みの大半を焼失したため「中心部の家並み」(右)には古民家などは見当たらない。写真の酒屋さんは脇本陣があった場所で、その手前、郵便局の対面が本陣跡である。
 

 宿場の外れ近くに嘉永7年(1854)に竣工したという「深澤家住宅」(左)が現存している。屋号を加納屋と称した商家で、京、大阪にも販路を拡大した贄川宿屈指の商人であったそうだ。

 旧中山道はその先で「枡形道」(右)となっている。 「防火水そう」の表示手前を右に曲り、突き当たりを左に曲って国道19号辺りまで上っていくのだが、今は中央線で分断されており先へ進むことはできない。

 が、道成りに進むと人専用の跨線橋があるのでここを通れば国道に出ることができる。

国道に出たら左へ行くのだが、右に曲ってちょっと寄り道を。

 3〜4分歩くと大きな観音様が見えるが、その奥に「観音寺山門」(左)が見える。寛政4年(1792)に再建された山門は手入れが行き届いており200年も前の建築とは思えない。

 観音寺横を通ってさらに奥へ歩くと「麻衣迺(あさぎぬの)神社」(右)へ行かれる。天慶年間(938〜947)創立というから長い歴史を持つ神社である。「麻衣」は木曽の枕詞なのだそうだ。

  さらしなのやまの嵐も聲すみて きその麻衣つきにうつなり
                                    順徳院

 元の場所まで戻ってさらに2〜3分歩くと、右奥に「贄川のトチ」(左)の巨木が見える。この樹の樹齢はなんと推定1000年。

 安中宿に樹齢1000年のケヤキがあったが、杖をついてやっと立っている感じだった。こちらはすっくと立っている。立派

 旧中山道へは、国道19号の緩い坂を上り木曽路民芸館の駐車場脇から国道の擁壁上に設けられた「旧中山道用の歩道」(右)を通って階段を上がると入れる。

 階段を上がった先から「旧中山道の草道」となり、途中には「馬頭観音」「中仙道碑」、さらには「津島神社」「石塔群」などが
続き、江戸時代の雰囲気が味わえる。 さらに坂を下ると江戸時代からの道幅が続く「桃岡集落」に入っていく。

 桃岡集落を下っていくと「押込(おしごみ)一里塚跡」(左)があり、標柱が建てられている。ここは江戸から63里目。対面の公園内に一里塚のような小山が造られている。

 街道はこの先で国道に合流し、すぐに奈良井川を渡っていく。

 橋を渡って4〜5分、国道を離れ「左側の細い道」(右)へと入り、長瀬の集落を10分ほど歩いて再び国道へ合流。国道を7〜8分歩き「平沢北」の信号で今度は右側に入る道が旧中山道である。

かれこれ15分ほど歩き楢川支所まで来たら駐車場脇を左に入り坂を上っていくのだが、旧中山道はさらに諏訪神社横を通っていく。

 楢川支所の駐車場脇(旧中山道沿い)に「芭蕉句碑」(左)が建てられている。
     送られつ をくりつはては 木曽の秋   芭蕉翁

 坂道を上ると諏訪神社舞屋前に出る。諏訪神社であるので御柱が建てられているのだが、なんと境内の左右に2本ずつが向かい合っている。そういえば麻衣迺神社では4本が横一線だったなー。

「拝殿・本殿」(右)は舞屋の後ろにある。

神社拝殿横を通って階段を下ると、先ほど分かれた道に合流。その先は漆器の街 平沢である。

 階段を下って ちょっと戻ると「二十三夜塔」(左)が見られるが、傍らの説明板に二十三夜の面白い伝承が。

 「神に願かけ叶わぬならば、二十三夜さまお立ち待ち」  月が出るまで飲酒談合して待つのだが「お立ち待ち」といって月が上がるまで腰を下ろさず立ち続けるのだそうだ。

 二十三夜塔から1〜2分歩くと漆器の街「木曽平沢」(右)へ入っていく。江戸時代からみやげ物として人気があったのだが、今も休日には漆器を求める観光客でごったがえすとか。この日は平日で静かでした。

 木曽平沢の街を出て数分歩き、中央線の踏み切りを越えて国道19号に出る道が旧中山道であるが、地元の人が 『 川沿いの遊歩道を歩くと
一里塚が見られるよ 』 と言う。

 ならばと、踏み切り手前を右に下り「奈良井川沿いの遊歩道」(左)を歩くと、 ありました、「橋戸一里塚」(右)が奈良井川の向こう岸に。

 人専用の橋を渡って近くまで行くことができる。

 説明板によると、「当初中山道は奈良井川左岸にあり、そこに一里塚が設けられていたのだが、いずれかの時期に中山道が右岸に移され、橋戸一里塚は使われなくなった」とある。

 旧中山道から外れているため見落とす人が多い一里塚だ。



前の宿場本山宿へ    次の宿場奈良井宿へ    表紙に戻る