中山道の表紙に戻る




第22宿岩村田宿 いわむらだじゅく
 岩村田宿は内藤氏1万6千石の城下町であるが、本陣・脇本陣は無く
旅籠も9軒と小さな宿場であった。しかし、善光寺道、佐久甲州街道との
追分であったことから経済の中心地として大変賑わっていた。


 旧宿場街は商店街となっており、往時の面影はあまり感じられない。

平成21年2月4日     龍雲寺で思わぬ物 ? が発見されました。

 小田井宿を出てから時々振り返ると、先日噴火した浅間山が今も噴煙を上げているのがよく見える。
ショッピングモールの横を通り、高速道路の上を越え、岩村田宿に入ると、郊外型の店が並んだこれまでとはちょっと雰囲気が変わってくる。

 岩村田宿の入口にある住吉神社で、「溶岩で出来た常夜灯」(左)が見られる。うーん、あまり格好よくないなー。隣の石塔は、もともとは街道沿いにあった善光寺道道標(常夜灯隣の小さな石碑)

 神社を出て100mほど先へ行くと、車道際に「善光寺道道標」(右)が建てられているが、これは復元されたもの。 江戸時代の道標は交通事故で破損したため、修理されて住吉神社に移設したのだとか。

 道標(みちしるべ)に突っ込むとは困った自動車だ。

 道標から数分先を左に入った龍雲寺で思わぬものが見つかっている。昭和6年(1931)に発見された骨壷から骨と短刀、袈裟環が出てきたのだが、なんと、これが武田信玄の遺骨と確認されたのだった。

 その場所には「武田信玄霊廟」(左)として五輪塔が建てられている。

 街道に戻り、その先の岩村田交差点を右に曲がって3〜4分、佐久酒造組合の前庭にある大きな自然石は「若山牧水歌碑」(右)。
 白珠の歯にしみとほる秋の夜の 酒はしずかに飲むべかりけり

 岩村田交差点まで戻り右へ曲がると、かつての宿場町、今は「岩村田商店街」(左)となっている。高崎宿以来の都会的な商店街であるが、その分、宿場時代の面影が失われているのが残念。

 商店街の中ほどに「日本一小さい酒蔵」と染め抜かれた暖簾の酒店があるが、ここは「造り酒屋の戸塚酒造店」(右)。

 300年の歴史があり、今は15代目が暖簾を守っている。「少量でも品質の良い酒造り」 を目指した結果、日本一小さな酒蔵になってしまったのだそうだ。「寒竹」を一本買っていくとするか。

 造り酒屋対面の細い道を入った先にある西念寺「仙石秀久の墓所」(左)がある。 信長、秀吉、家康に仕え、初代小諸藩主となった秀久は、鴻巣で死去し西念寺で火葬されたと云われている。

 中山道は商店街の先の相生町交差点を直角に右に曲がって行くのだが、ちょっと寄り道を。

 交差点の少し先を左に入って道成りに5〜6分歩くと岩村田城があった場所に行かれる。今は公園や小学校となっており、一角に建てられているのは「岩村田城址碑」(右)。

 街道に戻り、相生町交差点を曲がるとすぐにJR小海線の踏み切りとなる。踏み切りを渡った先の「御嶽神社に多数の石塔」(左)があるが、御嶽講の人達が長年かかって建ててきたものだろう。

 この先は、岩村田高校の前を通り、浅間総合病院の北側を回りこんで進むと、突き当たりに「相生の松」(右)が見える。初代は樹齢200年以上の赤松と黒松だったそうだが、現在の松は3代目。

 皇女和宮が降嫁の際、この場所で休憩し野点を行ったのだとか。

 街道はこの先から田園風景広がるのどかな道。

 15分ほど歩くと田んぼの先荘山(かがりやま)稲荷神社が見えるが、ここに「芭蕉句碑」(左)がある。
 野を横に 馬引きむけよ 郭公(ほととぎす)   芭蕉


 この先も坦々とした道が続くが、街道際の墓地の中でちょっと変わった「石仏」(右)を発見。左側は大日如来であるが、右側の仏様は正座して手を腿の上に乗せているように見えませんか。


前の宿場小田井宿へ    次の宿場塩名田宿へ    表紙に戻る