中山道の表紙に戻る


  
   

第20宿追分宿おいわけじゅく
 追分宿は越後路に至る北国街道との追分で交通の要所。享保年間には旅籠70軒余、茶屋18軒を数えたという大変にぎわった宿場であった。 浅間三宿(軽井沢・沓掛・追分)の中では、当時の面影が比較的多く残っている宿場である。

平成21年1月6日  「追分け」と言わず「分去れ(わかされ)」という分かれ道。 なんとも情緒ありますなー。

 国道18号をしばらく歩くと39番目の「追分一里塚」(左)に到着する。ここは国道の両側に左右両塚とも現存。 国道の設計者がうまい具合に一里塚の間に道路を通してくれたようだ。

 看板には「江戸へ39里 京都へ91里14町」とある。 京都まではあと359kmほど。まだまだ遠い。

 一里塚の先から右に分かれる細い道が「旧中山道」(右)で、その先が20番目の宿場である追分宿である。

 右に入って2〜3分歩くと追分宿郷土館があり、隣に浅間神社(あさまじんじゃ)が鎮座している。本殿は室町時代の作という大変古い建物であるが、社殿に収められているため見ることはできない。

 境内に2基の石碑があるが、その一つは「追分節発祥地碑」(左)。
  碓氷峠の権現様は わしが為には守り神
      浅間山さんなぜ焼けしやんす 裾の三宿を持ちながら
 碓氷峠を越える馬子達の歌が飯盛女の三味線で洗練され、座敷歌となって諸国に広まったのだとか。


 もう一つは寛政5年(1793)に建立された「芭蕉句碑」(右)。
  吹き飛ばす 石も浅間の 野分(のわけ)哉   芭蕉翁

 浅間神社を出て4〜5分、堀辰雄文学記念館 の案内があるが、 その入り口の門が「追分宿本陣裏門」(左)である。裏門といってもどうしてどうして、表門でも通用するくらい立派。


 門を入った奥で、常設展示館や文学碑などとともに「旧堀辰雄邸」(右)が見られる。芥川龍之介らと訪れたこの地を気に入り定住したのだが、この家で生涯を閉じたのは49歳という若さ。

 文学記念館から街道に戻り右奥を見ると、脇本陣であった「油屋旅館」(左)が見える。もともとは、街道の左側にあったのだが、焼失して右側に移り、今も旅館業を営んでいる。

 少し先、またまた右奥に明治天皇追分行在所碑が建てられているが、ここは「追分宿土屋本陣」があった場所。

 その先が「高札場跡」(右)であるが、(さだめ)が掲示されているので一部を。 一、毒薬、似せ薬種売買の事禁ず。 一、新作のたしかならざる書物売買すべからく事。 一、諸職人いい合わせ、作料、手間賃等高直(たかじき)にすべからず。

 数分先の路地を右に入った奥は諏訪神社であるが、境内に比較的新しい「小林一茶」(左)の句碑がある。
  有明や 浅間の霧が 膳をはふ 


 街道に戻り、さらに数分歩くと泉洞寺という寺院があるが、堀辰雄がこよなく愛したという石仏が見られるので寄り道を。

 裏の墓地入り口で物思いにふけっている石仏は「半伽思惟像」(右)。素朴なお姿がなんともたまりません。

 まもなく追分宿の出口。かつては枡形道があり、「枡形の茶屋」と呼ばれた茶屋が数軒あったのだが、そのうちの1軒「旧茶屋つるがや」(左)に当時の面影を見ることができる。

 街道はつるがやの前で国道18号に合流するが、すぐ先が「分去れ(わかされ)(右)と呼ばれた追分。

 右に曲がる道が越後路へ至る北国街道。 真っ直ぐ(当時は左に曲がっていた)の道が京都・三条大橋まで続く中山道。
「追分」と言わず「分去れ」、うーん、なんとも情緒ありますねー。

 ここには常夜灯、歌碑、石仏など様々あるが、「分去れ道標」(左)に刻まれている文字は「従是中仙道」、向こう側に「従是北国海道」。

 この他に「さらしなは右 みよしのは左にて 月と花とを追分の宿」と刻まれた風流な手水鉢様の道標もある。

 その横の歌碑は、標柱に「森羅亭万象歌碑」(右)とある。
万象とは平賀源内ともその弟子とも云われているが、刻まれた歌は
 世の中は ありのままにぞ霰(あられ)降る かしましとだに心とめねば

 旧中山道へ入らず右側の「北国街道」をちょっと歩くと珍しい銅像が見られる。
庚申塔や馬頭観音などの石塔が散在している公園の一番奥に、シャーロックホームズさんが台座の上に立っているのです。

 分去れまで戻り、国道を40〜50m歩くと「旧中山道」(左)の標識があるが、ここが怖い。この前後には横断歩道が無いので車が途切れた瞬間にダッシュ。ところが、なかなか車が途切れんのよ。

 旧中山道に入ると再び静かな街道を気持ちよく歩ける。

 左に入るとすぐのところに「中山道69次資料館」なる民間施設がある。面白いのは、「ミニ日本橋」(右)からミニミニ中山道の69次宿場を通って ミニ三条大橋 まで歩くことができるのだ。
 69次資料館を出たあとは緩い下り坂をてくてくと歩くこと1時間。民家が並び始めると御代田の集落である。

 「御代田(みよた)の一里塚入り口」の標柱を見たら右に入ると、おーっ見事な「御代田一里塚」(左)。 この一里塚は、左右とも当時のままそっくり現存しているという貴重なもの。

 寛永12年(1635)に中山道の改修工事が行われたが、そのとき街道が一里塚の外側に変わってしまったのだとか。そのため道路工事などに遭わず昔のままに残ったという幸せな一里塚だ。

 一里塚を出るとすぐに街道は信濃鉄道で分断されるが、線路の下を「地下に潜る中山道」(右)が続いている。

前の宿場沓掛宿へ    次の宿場小田井宿へ    表紙に戻る