中山道の表紙に戻る



      

第15宿安中宿あんなかじゅく
 中山道以前の東山道時代から「野尻の郷」として旅人の往来があった
宿場だが、 永禄2年
(1559)に安中忠政がこの地に城を築き、 地名を
「安中」と改めている。
 慶長8年
(1603)、 中山道が整備され安中宿が成立したが、 大きく
発展することなく幕末を迎えている。

平成20年11月12日       呑んべーな夫婦道祖神を発見!

 安中宿への出発は「鷹之巣橋」(左)からである。

 橋を渡ると(写真は振り向いて撮影)すぐに「中宿」という交差点があるが、ここを右に曲がると旧中山道に入ることができる。

 旧中山道に入る前に交差点左側の諏訪神社に寄り道を。

 ごく普通の神社であるが、境内に「明治天皇腰掛石」(右)なるものがある。天皇陛下が腰掛けただけで石碑が出来るとは、いやはや明治天皇とは偉大な存在だ。

中宿交差点を右に曲がると突き当たりがT字路となっているが、この道が、かつて碓氷川を徒歩(かち)渡しで越えてきた旧中山道。

 3〜4分歩くと道路際に「庚申塔道標」(左)が建てられている。
 取り残されてしまったような街道、そんな雰囲気の旧中山道であるが、車の往来が少ないので当時を偲びながらのんびり歩くことができる。

 旧中山道は、この先も真っ直ぐに5〜6分歩くと再び碓氷川の堤に。

 その手前左側の2基の石塔は「蠶養神と道祖神」(右)。 上州は昔から養蚕の盛んな地域。お蚕様を祀っても不思議ではないが、それにしても「蠶」とは難しい漢字を使ったものだ。

 道祖神の先は碓氷川の堤防。その手前を左に曲がった所にある石塔は「寒念仏供養塔」(左)。

 旧中山道はここでも碓氷川を渡ったのだが、今はちょっと上流の「久芳橋」(左)を渡っていく。

 橋を渡ると大きな歩道橋があるので上ってみることに。下を見ると「国道を横切る旧中山道」(右)がよく分かる。

 旧中山道に入って7〜8分、信号交差点の先を右に入ると、奥に熊野神社がある。この神社は、安中城を築いた安中忠政が熊野三社を勧請したもの。社殿の桁に施された彫刻は見事。

 ところで、甲州街道・上野原宿で「樹齢850年のケヤキ」を見て、凄いなーと感心したのだが、ここには、なんと「樹齢千年のケヤキ」(右)が鎮座していたのだ。正に神の木。

 街道に戻り数分歩くと、郵便局の前に「本陣跡碑」(右)が植え込みの中に立っている。

 さらに4〜5分歩いて伝馬町交差点を右に曲がり、坂道を上って行くと、突き当たりに「旧碓氷郡役所」(左)の表札が見える。

 碓氷郡役所が開設されたのは明治11年(1878)であるが、現在の建物は明治43年(1910)に再建されたもの。郡役所廃止後は様々な使われ方をしたが、今は修復されて一般公開されている。

 郡役所隣りの 「安中教会」(右) は群馬県で最初に建てられた教会(設立1878)だが、写真の建物は新島襄没後30年記念に建てられた新島襄記念堂で大正8年(1919)竣工の石造り。

街道に戻らずもう少し先へ歩くと安中小学校の前に出るが、この辺りは安中忠政が築いた安中城があった場所。

 安中小学校の門前に 「安中城址碑」(左) が建てられている。 江戸時代に本格的な修築工事が行われた安中城であったが、明治維新の廃城令でことごとく取り壊され、遺構を見ることはできない。

 小学校の先辺りを大名小路と呼んでいるが、かつては安中藩士が住む家が並んでいた場所。今も2棟の古民家が。

 次の交差点手前の茅葺建物は「郡奉行役宅」(右)。江戸時代末に藩主板倉勝明の側近だった山田三郎が住んでいたのだとか。古図面を元に復元修理が行われ一般公開されている。

 内部を見学させてもらったが、なかなかどうして、三畳玄関と八畳2間に十畳の座敷、 それに十二畳ほどのオカッテ、 さらに湯殿まで備えた高級住宅である。

 「玄関脇の小窓」(左)から垣間見えた紅葉が、妙に秋を感じさせてくれたのだった。

 交差点向こうの長い建物は江戸時代末期の「武家長屋」(右)。現存していた建物を復元修理した4軒長屋である。座敷の前に縁側があり、その先に庭が広がっている。うーん、冬は雪見酒が良さそう。

交差点を右に曲がり、突き当たりを左に曲がると、駐車場脇に石碑群があるが、その中に「安政遠足(とおあし)之碑」(左下)がある。

 安政2年(1855)、藩主の板倉勝明が藩士の鍛錬を目的に、碓氷峠まで七里七町を走らせたのだとか。この「安政遠足」が記録を競った最初と云われ、隣りの石碑に日本マラソン発祥の地安中と刻まれている。

 江戸時代のマラソン、どんな恰好で走ったのだろうか。 興味津々の思いで伝馬町交差点まで戻り、再び街道の旅へ。

 安中の街道沿いでは土蔵や蔵造りの民家をよく見かけるが、伝馬町交差点から7〜8分先、坂の途中にあった「サカウエ薬局」(右)は写真に撮りたくなるような重厚な蔵造り。

 街道をさらに先へ歩くと、上野尻郵便局の前に石碑が1本。「安中大木戸跡」(左)と刻まれている。

 さらに数分、道路際の「新島襄先生旧宅入口」の看板と石碑に誘われて左折。さらに右に、左にと曲がると「新島襄旧宅」(右)にたどりつく。

 同志社大学を設立したことで有名な新島襄であるが、生まれは江戸・神田の安中藩江戸屋敷、終焉の地は東海道・大磯宿(終焉の地碑がある)。 「ここは両親の家で、わずか三週間滞在しただけです」というのが管理人の説明であった。

 再び街道に戻り、国道18号を横断して10分ほど。
「おっ、刀を差した連中がマラソンを。 給水塔の壁面に「安政遠足之図」(左)がありました。勇ましいねーっ。

 この辺りから杉並木がきれいにそろう様になるが、 ここは昭和8年に国指定天然記念物となった「安中杉並木」(右)。

 しばらく歩くと昭和9年に建てられた「杉並木碑」(右)が見られる。碑の側面に文部省と刻まれているのが懐かしい。

 この先も杉並木を歩き夫婦道祖神や原市村戸長役場跡などを見ながらてくてく、やがて杉並木も途切れごく普通の街道に。

 まもな「明治天皇原市小休所碑」(左)が見えるが、ここは五十貝家茶屋本陣があった場所。また原市高札場があった場所でもあり、表示板も建てられている。


 2〜3分歩き、右側階段を上ると、今は無住の真光寺
本堂左側の「梵鐘」(右)は、第二次世界大戦での供出を免れた貴重な鐘。撞き始めが行われたのは天明2年(1781)

 真光寺の鐘を見た後、ちょっと寄り道を。真光寺横の交差点を左に曲がり、国道18号を横断して100mほど先。

 ホームセンター駐車場の外れに木造2階建ての「旧碓氷社」(左・右)の建物がある。明治38年(1905)に建てられたということだが、その後ほとんど改造されておらず、当時のままの姿が残っている。

 窓ガラスに写る景色がなんとなく歪んでいるのが懐かしいが、このガラスはフランス製だとか。

 街道に戻り十数分、出梁造りの建物に「八本木旧立場茶屋」(左)の看板が掲げられている。ここは「山田卯兵衛立場茶屋」があった場所。山田家は代々、この地に住まわれているそうだ。

 立場茶屋向かいの階段を上がると、広場の奥に見える赤い屋根は「八本木地蔵堂」(右)。

 大永5年(1525)、松井田城主・安中忠清が勧請した地蔵だが、大変に霊験あらたかで、参勤交代の諸大名は下馬して参詣したそうだ。
云い伝えでは、騎乗のまま通ると仏罰で落馬してしまうのだとか。








 地蔵堂を出た後は秋の中山道を、道祖神を見たり、馬頭観音を眺めたり、街道の前方には
歌枕の地となった妙義山(波己曽山)の奇怪な姿も望めるようになった。のんびり歩くこと30分。
 街道からちょっと奥に入った自性寺の山門前で見た「夫婦道祖神」(右)にはビックリ。
お神酒だけでは足りないとみえて、男神は酒徳利を、女神はお猪口をかかえているではないか。
なんとも呑んべーな神様だこと。

旧中山道は、この先20分ほど歩くと国道18号に合流して松井田宿へと入っていく。

前の宿場板鼻宿へ    次の宿場松井田宿へ    表紙に戻る