第9宿深谷宿ふかやじゅく
 深谷宿は本陣1、脇本陣4、旅籠80軒余という中山道の中でも
最大規模の宿場で、飯盛女も多く、遊郭もあり、これを目当ての
客も多かった。
 英泉が描いた「岐祖
(きそ)街道 深谷之驛」にも多くのなまめかしい女性が描かれている。

  

平成20年5月21日    東京駅にそっくりな駅舎がありました。

 熊谷宿を出て街道をてくてく。  新島一里塚で一休みしてから国道17号を横断すると金色に輝く草原が、いやいや「麦秋」(左)でした。麦秋を見るのは久しぶり。あまりに見事だったので1枚。

 この先もてくてく歩き小一時間、国済寺町に入ると深谷宿が近い。

 ほどなく 愛宕神社 に到着。特に名のある神社ではないが、境内右手にあったのは「芭蕉句碑」(右)。
 「 冬枯れや 世は一色に 風のおと    はせを翁 」

 町名にもなった「国済寺」に行きたいのだが入口が分かりにくい。ちょっと迷ったがスーパーの先を左に入ると西通用口に行かれる。

 通用口から入ると右手に黒門、左手に「三門」(左)、その先に本堂が一直線に並んでいる。三門は「貧・瞋・痴の三煩を解脱する境界の門」だそうだが、そんなことを忘れさせてくれる優美な姿の門だ。


 本堂裏手の墓は「上杉憲英公の墓」(右)。憲英は上州新田氏封じ込めの拠点としてこの地に庁鼻和(こばなわ)城を築いたのだが、今でも本堂裏に土塁の一部が残っている。

 街道に戻って4〜5分歩くと街道両側に松の大木が数本。おやっ、これが例の松? しかし表示が無いなー。

 その先、国道17号との合流点にありました。「みかえりの松」(左)と刻まれた石碑の後ろに2代目「みかえりの松」が。

何故「みかえりの松」かって。
 江戸時代、深谷宿で良い思いをした旅人がここまで来て、その思いを振り返って眺めた場所 だそうな。さぞ良い思いだったのだろうねー。

 国道17号を横断して数分の所に宿場入口となる「東常夜灯」(右)が建てられているが、この常夜灯は明治初期に立てられたもの。

 常夜灯から数分、郵便局の先を右に曲がりちょっと歩いた先の東源寺前の石碑は「菊図坊(きくとぼう)祖英塚」(左下)。

 江戸時代中期、縁あって東源寺に居を構え俳句の指導をしていた菊図坊であったが、あるとき辞世の句を残して忽然と去ってしまったのだとか。弟子が建立した碑は深谷市の文化財となっている。


 行人橋を渡り数分歩いたら右に曲がり寄り道を。行く先は国道17号を横断した向こうの「深谷城址公園」(左)。石垣があり、立派な白壁の塀もある。期待を持たせる入口であったが、中はごく普通の公園。

 城址公園から戻る途中、思わぬところに「北川千代文学碑」(左)が建てられていた。中山道には直接関係ないが、日本を代表する児童文学者の生まれが深谷だったんですね。
 

 街道に戻る前、ちょっと寄り道して探したのが三高院にある「松平康直墓所」(右)。深谷城1万石の城主、しかも徳川家康の甥とくれば立派な墓所を想像するが、探し当てた墓所はかなり質素。 質素すぎる。
 

 「深谷」は偉大な実業家「渋沢栄一」の生地、そして渋沢栄一が立ち上げた日本で最初の煉瓦製造工場があった地でもある。

 その煉瓦が使われた建築物が街道沿いにも幾つか見られるが、「煉瓦うだつの商家」(左)が目を引く。
一階から2階まで続く巨大なうだつは見事。

 その100mほど先を左に曲がって2〜3分歩くと、まさに「煉瓦の町深谷」を象徴する建物が見える。この建物はなんと「JR深谷駅」(右)。深谷煉瓦が東京駅にも使われていることから、「東京駅を模した駅舎」としたのだとか。

 もちろん駅前には渋沢栄一の銅像も。
 

 その他に煉瓦倉庫なども見られるが、造り酒屋 藤橋藤三郎商店「煉瓦の煙突」(左)も人目を引く。 煉瓦造りというと横浜の赤レンガ倉庫を思い出すが、煉瓦造りには何か感性をくすぐられるんだなー。


 その先数分のところに「深谷本陣跡」(右)の説明板が飯島印刷の駐車場脇に建てられている。 この奥の飯島家には今でも上段の間、次の間などが保存されているそうだ。

 本陣跡から4〜5分歩くと「清酒菊泉」の醸造元「瀧澤酒造」(左)であるが、ここの工場の倉庫や煙突も煉瓦造り、さすが深谷である。


 瀧澤酒造の家と家の間にあった道、ここはまさに「路地」(右)である。江戸の下町だったら八つぁんか熊さんが飛び出してきそうな。
「やいやい熊公、なんで急に飛び出すんでー、あぶねーじゃねえか」

 映画のロケにも使われたという路地、風情あるね〜

ここから平成20年6月9日

 瀧澤酒造から数分先で道は枡形となっているが、その角にある真っ赤に塗られた「呑龍院鐘楼」(左)はかなり人目を引く。

 呑龍院の対面に「西常夜灯」(右)があるが、この常夜灯は今でも夜になると灯がともされる。天保11年(1840)に建立された高さ4mほどの常夜灯は中山道の中では最大級の大きさだそうだ。

 東常夜灯から続いた深谷宿も、西常夜灯の先の枡形道を抜けると宿場の外となり急に寂しくなったのだろうが、今はこの先もずっと家が続いている。 

 枡形道を抜けてその先を左に曲がり踏み切りを渡ると清心寺だが、山門を入った左に「薩摩守平忠度(ただのり)の供養塔」(左下)がある。

 平家武将の供養塔が何故ここに。
傍らの説明板に「源平一の谷の合戦で岡部六弥太忠澄が平氏きっての武将 平忠度 を討ち取ったのだが、その菩提を弔うため忠澄の領地の中でも一番景色の良いこの地に忠度の供養塔を建立した」とある。 岡部六弥太忠澄はなんと情深い人物なのだろうか。


 街道に戻り、国道17号を横断し瀧宮神社前を通って再び国道17号に合流。 しばらく歩いた右奥の源勝院(安部家の菩提寺)「岡部藩主 安部(あんべ)家の歴代墓碑」(右)が見られる。

 源勝院を出て街道に戻り左に入ると、奥まった一角に見えるのは「高島秋帆幽囚地」(左)。江戸末期の砲術家であった秋帆は幕府に重用されたが、中傷によってこの地の陣屋に10年間幽囚されたのだった。

 街道に戻り7〜8分、普済寺「平忠度の歌碑」(右)がある。
「ゆきくれて 木のしたかげをやどとせば 花やこよいの主ならまし」
 誰とも分からず平家武将を討ち取った岡部六弥太であったが、箙(えびら・矢入れ)の中にこの一首が入っており、薩摩守忠度と書いてあったのだそうだ。 

 忠度を討ち取った「岡部六弥太忠澄の墓」(左)が普済寺近くの畑の向こうに見える。 保元・平治の乱、一の谷の合戦 などで大活躍した忠澄だが、この墓地に夫人玉の井、父行忠とともに静かに眠っている。


 街道に戻り10分ほど歩くと旧中山道は国道と別れ右に入って行く。

 入ってすぐ左側の石碑は雲雀塚と呼ばれる「芭蕉句碑」(右)
 「原中や 物にもつかず 啼く雲雀    はせを」

 時折り自動車が通る静かな旧中山道をしばらく歩いた先の 「全昌寺」 に、高島秋帆が幽囚されていた岡部藩陣屋の「長屋門」(左)が移設されている。

 全昌寺入口とは反対側の路地を入り、坂を下ると奈良時代にタイムスリップである。ここは「仲宿歴史公園」(右)。

 奈良時代の倉庫群跡が発掘された場所で、校倉造りの倉庫が復元されている。説明板に「武蔵国21郡の一つ榛澤郡の郡所役があった場所」と記されているが今は静かな場所。当時は賑やかだったのだろう。

 街道に戻り数分、Y字路を左に入り、その先を表示に従って右に下っていくと坂の途中に多数の石塔が。

 この石塔群は「百庚申」(左)と呼ばれており、幕末の万延元年(1860)
に地元の有志によって建立されたもの。この年は井伊直弼が暗殺されたり、黒船が来航したりと、世情騒然とした年であった。

 坂を下って国道17号バイパスを横断し、その先の小山川に架かる「滝岡橋」(右)を渡るとかつての本庄藩である。
 注:本庄藩は慶長17年に廃藩、幕府の天領となった。

前の宿場熊谷宿へ    次の宿場本庄宿へ    表紙に戻る