第3宿浦和宿うらわじゅく
 浦和宿は上・中・下の三町で成り立っており、旅籠15軒とあまり大きな
宿場ではないが、上町の二日・十七日、 仲町の七日・二十二日、下町の
十二日・二十七日に行われる二・七市場で賑わった宿場であった。

平成20年3月21日  鳥居が無い、狛犬ならぬ兎、手水は兎の口から、ここは調神社です。

 蕨宿を出てから 辻の一里塚跡碑 を見て、その先の国道17号を横断し、住宅街の中を歩いて小一時間、ちょっときつい坂道に差しかかった。

 「焼米坂」(左)と呼ばれる200mほどの上り坂である。東海道・保土ヶ谷宿の先に焼餅坂という坂があったが、こちらは焼き米を売っていたという坂道で、坂の頂上に建てられていたのは「焼米坂碑」(左)。


 15〜16分歩くと「調(つき)神社」(右)という変わった社がある。伊勢神宮へ収める御調(みつぎ)物を収める倉庫群の中に鎮座していた神社なのだそうだ。そのためかどうか、神社にもかかわらず、鳥居が無い。

 この神社のもう一つ変わったところは、「狛兎」(左)である。

 嘘か真か、 調=つき=月、 ならば兎ということだそうだが、この兎は江戸時代の作。 ちなみに神社の創建は崇神天皇の勅命によるもので 1800年の歴史があるのだとか。

 この先に味わいある民家が数軒あり、少し先の浦和駅入口交差点向こう側に「浦和宿碑」(右)が建てられている。この辺りから浦和宿となるのだが、両側はビルの連続、宿場時代の面影を探すのは難しい。

ここから平成20年3月29日

 数分先左側の門前通りと刻まれた石柱のある通りを入ると玉蔵院である。本堂横の優美な建物は安永9年(1780)建立という「地蔵堂」(左)だが地蔵堂とは思えない本格的な建物だ。

 街道に戻り数分、仲町交差点際の石碑は浦和宿碑


 交差点を渡ったら10mほど先を左に入ると、仲町公園という小さな公園があるが、ここは「浦和宿本陣跡」(右)で、本陣跡説明板と明治天皇行在所跡碑が建てられている。

 さらに数分歩くと常盤公園へ行く道があるが、その入口に野菜を売る「農婦の像」(左)と市場通り説明碑がある。

 市場があった場所は農婦の像から少し先の慈恵稲荷社頭で「ニ・七市場跡標柱」(右)と「御免市場之杭」(右)が残されており、解説板に次のようなことが記されている。

 「戦国時代に開設されたものと考えられ、豊臣秀吉の家臣である浅野長吉から喧嘩口論などを禁じた「禁制」が出されている・・・ ・・・毎月二と七の日に開かれたので二・七市場と言われた。」 この市場は昭和初期まで続いたそうだ。 

 この先しばらくは単調な街道が続く。

 北浦和駅入り口から5〜6分歩いた左側の「廓信寺」(左)入口に「さつまいもの女王・紅赤の発祥地」と記された説明板が。

 年配の方なら 「金時」 と言えばサツマイモを連想してもらえると思うが、その「金時(正式名・紅赤)」を発見した農家の主婦 山田いち が廓信寺の墓地に眠っている。

 しばらく歩くと「大原陸橋東交差点」の手前左側に「庚申塔」(右)が鎮座している。なんと三猿の前に招き猫が。猿に猫、愉快ですなー。

 交差点のちょっと先に「一本杉」(左)と刻まれた質素な石碑が立っているが、ここは日本最後の仇討ちが行われた場所。

 話は江戸末期の文久4年(1864)にさかのぼる。ここには杉の大木が1本あったが、その下で、父を討たれた水戸家臣宮元鹿太郎が助太刀に助けられ、千葉周作門下の河西祐之助を討ち、見事本懐を遂げた場所である。

 5〜6分歩いた先の交差点右にそびえている欅の大木は「半里塚の欅」(右)と呼ばれている。しかし塚や表示が無いので定かではない。
コメント:「半里塚の欅」は平成22年5月19日の深夜、切り倒されてしまいました。NHKのTVニュースによると「倒木の危険があるため」とのことです。



前の宿場蕨宿へ    次の宿場大宮宿へ    表紙に戻る