第10宿本庄宿ほんじょうじゅく
 武蔵国最後の宿場である本庄宿は利根川の水運で大きく発展し、
天保年間には人口4500人余、本陣2、脇本陣2、旅籠70軒余と
熊谷宿同様に中山道の中でも最大規模の宿場であった。

 本庄七福神が街道沿いに点在するので、七福神巡りも面白い。

 

平成20年6月9日    本庄七福神は七福ならぬ九福神、なんと「銭洗い弁天」が3人も。

 深谷宿を出てかれこれ2時間、小山川に架かる滝岡橋を渡り「堤防上の中山道」(左)へ。どこもそうだが、堤防上の道は見晴らしがよく、しかも車が通らないので快適。唯一欠点は日陰が無いことだ。

 数分で橋の所で別れた道と合流。7〜8分歩くと旧中山道が分かり難い場所があるが、「歩道」の表示に従って歩けば難なく抜けられる。

 分かり難い道を抜けるとまもなく八幡大神社。その対面、朱鮮やかな山門が見える「宝珠寺参道」(右)がなんとも良い雰囲気。

 再び街道をてくてくと5〜6分。「街道際の石仏」(左)は、庚申様に地蔵様、そして賽の神。年代を経た石仏の素朴さがいいんだなー。

 しばらく歩くと傍示堂という場所に。武蔵国と上野国との境界に傍示石ならぬ傍示堂があったそうだ。今も小さなお堂が集落センターの奥に見える。コメント:この辺が国境だった時代もあった。

 居合わせた古老に訊ねると 『あのお堂は傍示堂ではない。「八坂神社」(右)だ。昔は中山道の傍にあったのをこっちに移したんだ』 ということなので、もう一度戻って可愛らしい神社に参拝。

 旧中山道は元小山川に架かる新泉橋を渡り、現中山道(国道17号)を横断し、緩い坂道の「御堂(みと)坂」を上っていく。

 先ほどの古老が御堂坂のことも話してくれたのだが、少々お怒りであった。 「昔、御堂坂で罪人が磔になったんだ。そこに石の仏様があったんだがいつの間にか無くなって家が建っているのよ。罰当たりだなー。」

 その石の仏様が坂の途中にある「石仏」(左)ではなかろうか。庚申塔と石仏2体が鎮座している。

 坂を上り、その名も中山道交差点 を渡って数分、左に入った奥の「大正(だいしょう)院」(右)が七福神巡りの最初、銭洗い弁天から。
本庄七福神巡りはこちらです。

 街道に戻り本庄駅入口交差点を右に曲がって1〜2分。さらに右の路地奥の「円心寺山門」(左)は天明年間(1781〜1789)の建立だが、昭和の大改修で朱に塗られた山門は見る者を圧倒する。

 円心寺の七福神は福禄寿

 もう少し先の本庄市役所の裏に回ると、そこは「本庄城址」(右)。弘治2年(1556)の築城ということだが、城跡の稲荷神社境内にそびえているケヤキは築城時に本庄実忠が献木したものだとか。

 街道に戻り、旧中山道を横断して本庄駅近くまで歩くと 城立寺 で大黒天 が拝める。

 再び街道に戻り1〜2分、「戸谷八商店」(左)の看板に「創業永禄三年」とある。永禄3年(1560)といえば桶狭間の戦いで今川義元が織田信長に討ち取られた年。以来450年、頑張っているなー。

 戸谷八の向かい側が創業元禄2年という回船問屋岸谷である。ちょっと先の路地を右に入った 開善寺には布袋尊 が祀られている。

 開善寺に行く路地の数軒先、一見どこにも有るような「仲町郵便局舎」(右)は国登録有形文化財である。昭和9年に建てられた局舎はアールデコ調の仕上げということだが、うーん、分かりません。

 本庄宿には2軒の本陣があったが、その内の1軒「田村本陣の門」(左)が歴史民族資料館の前に移設されている。田村本陣は北本陣と呼ばれ、本庄駅入口交差点の右側(りそな銀行の辺り)にあったそうだ。

 本陣門の奥が歴史民族資料館であるが、この建物は明治16年(1883)に建てられた「旧本庄警察署」(右)。

 明治維新から僅かの期間、しかも東京からかなり離れたこの地にこれだけモダンな建物が造られたとは、「驚き」の一言である。

 歴史民族資料館裏側の 慈恩寺に祀られているのは銭洗い弁天

 街道に戻り1〜2分歩くと「旧本庄商業銀行」(左)のレンガ造り建物が見られる。味わいのあるレンガ造り建物は、今は洋菓子店となっているが、かつては銀行が担保に取った繭や生糸などを保管する倉庫だったそうだ。

 その先の交差点を右に曲がり突き当たると、室町時代の開山だという安養院でる。小倉家墓地に渡辺崋山や谷文晁、加賀千代女など多くの文人墨客の石碑があるが、「芭蕉の句碑」(右)もある。
 「もの言は 唇さむし 秋の風    芭蕉坐像先刻」
 安養院の七福神は毘沙門天 であった。

 先ほどの交差点に戻り、再び旧中山道を横断して次の十字路を左に曲がると泉林寺寿老人だ。

ここから平成20年6月27

 街道から出たり入ったりしてしまったが、寿老人を見た後はしばらく街道をてくてく。

 大きな交差点の手前に「金鑚(かなさな)神社」(左)が鎮座している。社伝によると、創立は欽明天皇2年(541)とある。気の遠くなるほど長い歴史を持つ神社だ。ここでは恵比寿様が拝める。

 旧中山道はどういうわけか県道から離れ金鑚神社の脇を通り、突き当たりを左に曲がって行く。突き当たりの佛母寺で見た弁財天は弁天様というよりビワを抱いた猫だな。七福神巡りはこちら。

 街道は国道462号を横断して「住宅街の中」(右)を通って行く。

 住宅街の中の旧中山道は5〜6分で先ほど分かれた県道に合流。その先は時折通る車を避けながらかれこれ30分。

 住宅が途切れた畑の奥に赤い鳥居が見えるがここは「浅間山古墳」(左)。古墳時代末期の築造ということだが、階段を上ると墳墓の石室入口があり、中を覗くことができる。覗いてみたが中は真っ暗。

 ちょっと歩くと石造りの橋の欄干が2基並んでいるが、ここは「泪橋跡」(右)である。後ろの由来碑によると、
 「徳川幕府は街道筋に傳馬なる苦役を課したり。農繁のさなか、極寒風雪の日にも傳馬の人々この橋に憩い、家族を偲び身のはかなさを嘆じてか、泪しきりなり」とある。
今まで見てきた泪橋とはだいぶ異なる泪が流れた橋であった。

 しばらく歩き国道17号を横断した先に「庚申塔群」(左)が見える。傾いていたり、文字が消えかかっていたりと風雪を感じる石塔群であるが、素朴なところがなんとも味わい深い。

 十数分歩き金窪館阯入口と刻まれた石柱に誘われて右に入り4〜5分、田園の彼方に見える公園は「金窪城址公園」(右)。

 金窪城は平安末期の築城と伝えられているが、天正10年(1582)、神流川合戦の前哨戦で滝川一益に攻め滅ぼされ焼失、再建されることはなかった。

 街道に戻り数分、左手奥の陽雲寺で新田義貞の家臣であった畑時能の供養塔「陽雲院(武田信玄夫人)墓所」(左)が見られる。

 陽雲寺説明板などによると「当寺は鎌倉時代初期の創建と伝えられるが神流川合戦で焼失。天正19年、武田信玄の甥である川窪信俊が信玄夫人陽雲院を伴って入封。寺を再建し寺名を陽雲寺と改めている。陽雲院は元和4年(1582)、当地で没した」

 
再び街道をてくてくと20分ほど。小学校先に「庚申塔」が何基か見られる。さらにその先、国道17号合流点少し手前の地蔵堂脇に日本橋から23番目の「勝場一里塚跡碑」(右)がひっそりと立っている。

 国道17号に合流した先でちょっと寄り道を。左に入り高崎線の下を抜けると大光寺という寺院があるが、ここで 神流川(かんながわ)渡し の安全を祈った文化12年(1815)建立の「見透灯籠」(左)が見られる。

 国道に戻り緩い坂道を上ると神流川であるが、ここは本能寺の変直後(天正10年)、滝川一益と北条氏邦・氏直が激しく戦った「神流川古戦場跡」

 神流川に架かる 「神流川橋」(右) を渡ると、いよいよ かかあ天下 で有名な上州・上野国。いよいよ群馬県入りだ。
 

前の宿場深谷宿へ    本庄七福神へ   次の宿場新町宿へ    表紙に戻る