HOME 東海道 中山道 甲州街道 日光街道 奥州街道 脇往還 赤山街道越谷道を歩いています 最終更新日 R2/11/21  赤山街道吉川道をアップしました 

東三崎道 道中記
五街道の旅に戻る.

脇往還の旅に戻る


三崎道は字のごとく三浦半島先端の三崎へ通じる道で、東三崎道(浦賀・三崎道)と西三崎道(鎌倉・三崎道)の2本が三崎へ向かっていた。東三崎道は東浦賀道の終着地である浦賀奉行所手前から分かれ、久里浜、野比、津久井、菊名を経て三崎へ通じている。一方、西三崎道は西浦賀道の葉山から分かれ海岸沿いに南下して三崎に至っている。

今回は浦賀から東三崎道をたどって三崎まで歩くこととした。

三崎は古来から温暖な気候と風光明媚なことで知られており、この地を気に入った源頼朝は桜、椿、桃と3つの御所を設けていた。その跡地が本瑞寺、大椿寺、見桃寺として今に伝わっている。旅の最後はこの三寺巡りで〆とした。


(1)浦賀から三浦海岸  (2)三浦海岸から三崎